Boston Sports観戦日記

Boston Redsoxを中心にしたスポーツ観戦日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Rolling Rally for the 2008NBA Champions,Boston Celtics

昼過ぎに覗いて来ましたRoling Rally。Pierceが嬉しそうで良かった。
でも全体的にRedsoxと比べると慣れてない感じ。でもそれが良い。

Pierce with trophy1

MVPを獲得したポール・ピアース。MVPトロフィーを手に充実した顔。良かった良かった。

Pierce with trophy2

そういえば去年はちょうどこの辺で同じキャプテンのレッドソックス、バリテック捕手がトロフィーを掲げていた。ラジオではどうもボストンは他の街からやっかまれているらしいと言っていた。
気が付くのちょっと遅い(笑)。Pats-Sox-Celtsに加えてRevも、Bruinsもある。
スポーツ観戦好きにはとてもいい街だ。

KG1

ちょっと虚脱状態のKG。しかしティファニー製NBAファイナルトロフィーを握る手は力強い。
エネルギーを充電してまた来年も宜しく。

allen1

優しい雰囲気を醸し出すレイ・アレン。ファイナルGame6は大活躍だった。楽しそう。

Doc2

実は一番元気かも知れないドック・リバース ヘッドコーチ。
コーチ暦9シーズン目、プレイオフ進出5シーズン目にして初の1回戦突破を果たしそのまま勝ち進み、選手時代を通じて初のリングを手にした。おそらくプレイオフの一回戦、3勝3敗で迎えたGame7が彼にとっては大きな壁ではなかったかと思う。

Posey1

影のMVPだったポージー。守備に攻撃に本当に効いていた。今年FAだから争奪戦かな。

rondo1

新人らしく所在なげなラジョーン・ロンド。フィル・ジャクソンを驚かせたコート上とは別人のようだ。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/06/19(木) 11:06:39|
  2. 生観戦
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

A party on the TD Bank of North Garden(仮)

予想もしない圧倒的な展開でのNBAファイナル制覇。
数千人が心を一つに熱唱するという何だか面白い現象が発生。
そこで歌われた楽曲達。


Na Na Hey Hey Kiss Them Goodbye@Stream
フットボール以外で歌われたのを初めて見た(聞いた)。
ホームのチームが圧勝しているときにタマに歌われる曲。
これはレイカーズにはトラウマになっただろう。


Livin' on a prayer@Bon Jovi
最後のタイムアウトで流れる。
20年この辛い時代を信じて待ったファンには感慨深いものがあっただろう。


We are the champions@Queen
遂にファイナル制覇を決めて。世界的ド定番。分かっていても泣ける。

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/06/19(木) 00:02:06|
  2. 生観戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NBA Finals Game6 Celtics爆勝!17度目の優勝!

遂にやった我等がセルティックス。レイカーズをガーデンで一蹴し17度目のチャンピオンの座に着いた。

kamifubuki


試合は第1Qはコービーのアウトサイドシュートのタッチが恐るべきもので、これは接戦になるかと思いきや、2Qにはその勢いも止まる。KGとポウ、パーキンスがガソルとオドムを完全制圧しゴール下を占領することに成功すると、コービーのドライブという選択肢が無くなりLALは攻めあぐねるように。
そうなると分かりやすいパスからのターンオーバーを連発し、チーム内での意思疎通も怪しくなる。

そんなところに第2Q残り7分を切ったところからポージー、ハウスの連続3Pが決まる。
これにガーデンは大歓声に包まれムードも圧倒的に。
前半終了時点で35-58と大量23点のリードを奪うことに成功する。

3Q,巻き返しを図ろうとするLALだが、インサイドに全く入れずオフェンスの形を作れない。
対してBOSは外のシュートが絶好調の為に広がったディフェンスをPGロンドは良いように切り裂き得点を重ねていく。3Q終了時点で60-89の29点差とほぼ決定的な差がついてしまう。

4Q、ロンドでかなり良い感じに得点を重ねるが流石にディフェンスが対応し、なかなか入れなくなる。
しかしそれは同時に外で待機するシューターへのマークが緩くなることを意味する。

Big3の一角レイ・アレンにフリーで3秒与えるとどうなるか。
LALディフェンスは手痛い来年への教訓を得ることになる。
息子の病気で試合当日の朝7時にローガン空港に降り立ったこの男、
1Qで目と鼻を負傷し、後半真っ赤な目で登場したアレンは素晴らしいシュートタッチを見せる。
僅か4分の間に4本の3Pを立て続けに決め、完全に試合を決定付ける。

92-131、終わってみれば大量得点での圧勝でセルティックスのファイナル優勝が決まった。

会場の一体感は素晴らしいものだった。
選手も明らかにそれに後押しされているように感じられた。

ポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンのBig3、
ロンドとパーキンス、ポウの若手、
ポージー、PJ、キャセール、ハウスのサブメンバー、
チームの良いところが全て出たようなゲームだった。

このチームはレギュラーシーズンと比べて明らかにポストシーズンで強くなったと思う。
経験値とホームコートアドバンテージの重要性を改めて認識するシーズンになった。

それにしても1年で何という変わりようだろうか。
昨シーズン終盤、ダンカン率いるSASに明らかに手を抜かれながら、それでも手も足も出ない試合では屈辱的な思いをしたものだ。そしてあのドラフトの絶望、レイ・アレン獲得のニュース、そしてあの日KGが本当に来るという知らせ、レギュラーシーズンの連勝街道、アウェイで勝てないポストシーズン、アレンの不調、ピアースの怪我、色々なものを乗り越え、今日同じチームがNBAの頂点に立った。

おめでとう ボストン セルティックス!木曜日の昼にはパレードだ!

pierce1

ファイナルMVPはピアース。あの負傷=>車椅子=>スキップ復帰=>連続3P=>自転車は面白すぎた。
速攻で検査して治療に励んで欲しいもの。

pj

縁の下の力持ち、鉄板ディフェンダーのPJも遂に初優勝。
セミリタイヤしてからの優勝だけに感慨もひとしおだろう。男の花道と言ったところか。

doc

独自のモチベーション手法を使うドック・リバース ヘッドコーチがハイタッチに応えつつロッカーへ。

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/06/18(水) 00:36:48|
  2. 生観戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008/6/8 Boton Redsox vs Seattle Mariners 連勝でシリーズ2-1と勝ち越し

連日のデーゲームとなったこの試合、気温は試合開始時で95Fという真夏並みの暑さ。
それでも多少湿度が下がり、昨日程の暑さではない。しかし野球をやるには暑すぎるか。
試合はどちらも走者は出るがタイムリーが出ない展開。

試合はJ.D.ドリューが同点8号ソロホームランと勝ち越し四球を選び全得点を取り、守ってはジャンピングキャッチを見せるなど投打に渡り大活躍で絶好調を継続。投手陣は先発マスターソンが立ち上がり不安定さを見せたものの尻上がりに調子がよくなり、その後7回ハンセン、8回岡島、9回パペルボンのリレーでMarinersに反撃を許さず2-1で勝利。このシリーズ勝ち越しに成功した。

masterson1

先発新人マスターソン。シンカーが武器。コントロールが課題か。

Ichiro3

イチロー。幸いあまり活躍せず。しかしバランスの取れた動作は美しい。

Hansen1

中継ぎハンセン。まだ日によって調子の波が激しいが今日は良かった。

okajima1

岡島。昨年までの絶対的な存在感はないが、それでも丁寧なピッチングで付け入る隙を与えない。

Okajima3

イチロー対岡島はショートゴロ。しかし脚が異常に速いのでギリギリアウト。
コーラの好送球がちょっとでも逸れてたらセーフの可能性が大きかった。
一点差でイチローを走者に負うことを考えるととても素晴らしいプレーだった。

okajima2

8回表を三者凡退に抑えた岡島を迎えるフランコーナ監督も満足げ。9回はもちろん・・・

pap2

パペルボン登場。1点差の場面ではこの男しかいない。場内大歓声。

pap3

勝利。なんとか勝ってシリーズ2-1と勝ち越し。投手陣が打撃不振をよくカバーして守り勝ったという印象。

drew1

Drewのボールの見極めはすごい。普通に手を出す球でもかなり見る。
これで打撃自体が好調だとかなりの高出塁率が見込める頼もしいバッター。
昨年のあれは何だったんだろうか。


そしてこのジャンピングキャッチ。これが抜けていれば試合の展開は全く変わっていただろう。

Papiのいない今、貴重な左打者として打線の牽引をお願いしたいところだ。
Go JD!Go Sox!

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/06/08(日) 16:56:12|
  2. 生観戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008/6/7 Boston Redsox vs Seattle Mariners

観戦して来ました。暑かったけどRedsoxは快勝。

Wake1

今日のWakefieldはナックルが抜群に良かった。素晴らしい出来。

Jojima

この写真を見ると如何に今日のWakeのナックルが変化しているかが判る。
城島は全くタイミングが合っていないばかりかボールが見えていない。これは打てない。

Manny1

Mannyの14号。打った瞬間それと判る豪快な一発。

Manny2

リストバンドはDL入りしているPapiの青い#34を左腕に、自分の赤い#24を右腕にしている。

Coco1

CoCoナイスバッティング。

Coco2

本当に調子が良い。

Cora

Coraにも久々のRBIが出た。

Drew

Drewは絶好調。このホームランは素晴らしいスイングだった。

Passball

パスボールでの追加得点もあり試合は楽勝ムード。

Lowell

8回裏に代打タイムリーを放つLowell。

Bulupen

ブルペンではパペルボンが準備中。岡島は今日は出番なし。ヒマそう。

Pap

どおりゃあ、と投げて試合を締めるパペルボン。凄い気合。

score0607

スターティングオーダーからは考えられない楽なゲームになりました。
Wakeのナックルが予想以上に変化していたのが勝因かな。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/06/07(土) 23:57:22|
  2. 生観戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。