Boston Sports観戦日記

Boston Redsoxを中心にしたスポーツ観戦日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Redsox、ALCS進出決定!

ALDS BOS-LAA第三戦、Fenway Park、Boston。

Redsoxがシリーズスコア2-0と王手を掛けて臨んだ試合は延長10回に突入した。
Soxは同点の場面で3連投のMatersonからクローザーPapelbonにスイッチ。Kendrick、Aybar、Figginsと3者凡退に抑え裏の攻撃に託すと、走者を溜めて二死満塁とサヨナラのチャンスを作る。

打席に立つのは新人Lowrie。男を上げる絶好のチャンス。しかしライトフライに倒れ無念の凡退。チームは12回表に勝ち越され、敗れた。Beckeetが先発した総力戦だっただけに痛い敗戦だった。

そしてその日のうちに始まった第四戦。この試合も緊迫した屈指の好ゲームとなった。
Soxは負ければシリーズスコア2-2とタイにされてしまうばかりか、最終第5戦を6時間の飛行時間の彼方であるロサンゼルス、しかもアウェイで戦う必要がある。

試合後即移動となる為、旅支度をして臨む訳だがこの試合でなんとしても決めたいところだ。

先発は最早エースのLester。5回に2点を貰い、7回まで2BB、4H、無失点という素晴らしい投球を見せる。プレイオフに入り安定感が増している感じだ。去年のBeckettのような凄まじい破壊力は感じないが、どんなピンチにも淡々と粘りの投球を続ける精神力を持っている。何度となくあるピンチを交わしながら7回を投げ切った。そして8回表には岡島が登板。あっさりと2死を取り、残りアウト5つ。

試合は静かにあっさりと終わるのかと思われた。
しかしここから試合はもつれ、波乱万丈の2イニングを迎えることになる。

岡島は3番Teixeiraに低めを投げるが2-0とされ、カウントを取りに行った外角のストレートが痛恨のボール判定となり、勝負できず投げた低めの変化球も見逃されてストレートの四球、一死一塁となる。迎えるは哺乳類離れした男、Guerroro。

ここでFrancona監督が動く。投手交代、それも投球練習していたDelcarmenではなく、4連投となるMastersonを投入した。あっさり0-2と追い込んだものの、そこから4つボールが続き四球。悪球打ちで鳴らした彼にしては静かな感じだったが、結果的には二死一二塁と一打同点の場面になってしまう。

5番Hunter。ここも0-2と追い込むがここでなんとサインミス、変化球のサインで直球を投げてしまう。スピードがあるだけにキャッチャーVaritekも触ることすら出来ずパスボール、二死二三塁。
動揺が隠せないMasterson、2-2としたところでライト前に運ばれてしまう。LAA 2-2 BOS。
土壇場で同点に追いつかれてしまった。

やはりこのシリーズは総力戦だ。そう簡単には勝たせてくれない。
Delcarmenがスタンバイしているため、ここで交代かと思われた。
しかしRedsoxはMasterson続投を選択する。
Farrel投手コーチがマウンドに行き、精神的に落ち着かせようとしている。
この大舞台をも教育に使おうというのか。この投手に賭けていることが伝わる場面だった。
Mastersonはなんとかこの回同点止まりでマウンドを降りる。

しかし8回裏のRedsoxは3者凡退。やはり先ほどのパスボールで流れが行ってしまっているのか。
厳しい情勢で最終回に突入。

9回表、なんとMastersonが続投する。スタミナは大丈夫なのだろうか。LAAはここで動いて来る。Riveraに替わってMorales。これが当たり、Green Monster直撃の2塁打を打たれてしまう。すかさず代走にWillitsを投入、さらにKendrickにバントを決められ一死三塁。細かい戦術を次々に決めて来る。
この細かさがレギュラーシーズン100勝を上げる隙の無さなのだろう。

一死三塁、いろいろなケースで点が、勝ち越しの1点が入りそうな展開。
ここまでLAAの攻撃も一本が出ていない。この1点が勝負と見ているのだろう。

ここでFranconaも動く。満を持してMantersonから地元出身のDelcarmenにスイッチ。
三振か内野ポップアップしか許されない厳しい状況で彼の速球に全てを託す。

対するはAybar。前の試合で決勝点を打ったバッターである。
初球、内角高め厳しいコースにストレート、体を起させようとする。ボール。
二球目、もう一球同じコース、速い。しかしボール。0-2。

三球目、さらにインコース、Aybarバントの構え、スクイズだ!しかし空振り!Varitekは捕球して三塁にダッシュ、走者のWillitsに迫る、三塁に戻るところをダイビング、膝から滑りながらタッチ!倒れてボールがこぼれるがこれは完全捕球の後でアウト!一死三塁が二死走者なしになった。このプレイは大きい。モーメンタムをぐっと引き寄せるプレイだ。その後Aybarは引っ掛けて一塁ゴロ、絶対絶命と思われたピンチを無失点で切り抜けた。


9回裏、引き寄せた勢いをものに出来るか。
投手はShields、彼もリーグ屈指の好投手だ。
先頭はJD、しかし外角低め一杯の素晴らしいコースに決まりあっけなく見逃し三振、一死。

続くBay、打って打球は一塁後方、ライトファウルグランドにドライブしながら巻いていく打球、先ほど三塁でアウトになった俊足のWillitsがダイビングキャッチに行くが届かない、90%の観客の両手が上がるなかに吸い込まれて行くボール、沸き返るスタンド、グランドルールダブル、一死二塁!

さあサヨナラのランナーがスコアリングポジションに進んだ。
ここは一塁が空いているが打線は中位、難しい場面ではある。

打者はKotsay、勝負に行くか。Kotsayは物凄く気合が入った表情をしている。
初球、カーブ、打ったジャストミート、引っ張った!しかしTeixeira横っ飛び、うわ取った!
これは敵ながら素晴らしいプレイ。惜しかった。しかし二死二塁、まだ分からない。

迎えるは昨夜悔しい思いをしたLowrie。

初球、ほぼ先ほどの同じようなカーブ、打った、痛烈! 二塁手Kendrickのグラブを掠めて打球はライトへ転がっていく、サードコーチが腕を回す、Bayは三塁を蹴った、Willitsバックホーム体勢、Bay走る、次打者のTekが両手を上下に振ってスライディングを指示、ボールが帰ってくる、Bay手を伸ばしてヘッドスライディング、タッチは・・・セーフ!サヨナラ!

BayがTekと抱き合い、ベンチからは殊勲のLowrie目指して選手が一斉に飛び出して行く!
LAA 2-3 BOS、Walk OffでALDS突破、2年連続ALCSへの進出決定!
Dirty Waterが流れ出す。みんなが笑顔で抱き合い握手を交わしていく。
そしてお待ちかねの今シーズン2回目のシャンパンファイトだ!

素晴らしいゲームだった。何度見てもゲームの緊張から勝利を決めた後の選手の表情は良い物だ。
LAAは緻密な野球をして勝って来たチームだったが、最後の最後でミスが出てしまった。
あのボールを空振りしてしまうところが野球の、プレイオフの、Fenwayの怖さであり面白さでもあると思う。

これでレギュラーシーズンやられっぱなしだったLAAに雪辱することが出来た。
今度はやられたもう一方のチーム、Raysとの最終決着である。
これに勝つと、もしかしてFenwayで再びあの男が見られるのかも。
Go Sox!
スポンサーサイト
  1. 2008/10/07(火) 08:34:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ALDS第1戦、Redsox敵地で先勝!

いよいよこの季節がやって来た!MLBプレイオフ開幕ということで久方ぶりに再始動。

さて連覇を目指すBoston Redsox、本日から始まったALDS、今年の相手はまたもやLAA。

去年はBOSがレギュラーシーズンリーグ首位の成績だったが、今年はLAAがなんと100勝を挙げる絶好調振り。好打者に好投手が揃っていて、怪我人続出の中、若手の台頭ででなんとかしのいでいるBOSとはかなり戦力に差があるというのが正直なところ。レギュラーシーズンは9戦して僅か1勝しか出来ず、当然ホームコートアドバンテージは向こうにあるという状態。

しかし今日の第一戦。投げてはLester、打ってはBayが活躍、見事に4-1でアウェイの地で先勝することが出来た。

Lester、Lackyの両先発で始まった今日のゲーム、先手を取ったのはLAAだった。
3回裏、新人LowrieがGuerreroのショートゴロを珍しくファンブル、このあとHunterにレフト前ヒットが出て0-1と先制される。

追うSoxは4回表、先頭のYoukが出塁するが、JDファウルフライ、Bay、Lowellと連続三振。

5回表にも2死からJacobyがセーフティバント、盗塁と仕掛けるがPedroiaがライトライナーに倒れる。

このままじゃまずいと思われた6回裏、4球のYoukをい一塁に置いてプレイオフ初出場のBayが逆転2ランホームランをレフトに放つ。2-1
一転して追われる立場になった6回裏、しかしlesterはKendrick,Napoli,Mathewsと3者三振に切って取る。

7回表、BOSは二死一二塁でPapiを迎えるがここはチャンスを生かせず空振り三振に倒れる。LackyからOliverへの継投。
7回裏、Lesterはこの回も3者凡退で付け入る隙を与えない。

8回表、2死からOliverを下げshildsが登板。Bayがいきなり二塁打を打つが、Lowellは2塁ゴロ。
8回裏、この重要な場面で登板するのはMasterson。Hunterにシンブルを許すが4人で抑える。依然2-1。

9回表、先頭のLowrieがレフト前で出塁、Tekバントで一死二塁。
     ここでJacobyがライト前ヒット、Lowrie生還で貴重な追加点。BOS 3-1 LAA
     更に速効で二塁へ盗塁を決めたJacoby。続くPedroiaの内野ゴロの間に三塁まで進む。
     このチャンスにPapiがALDS12試合連続となるヒットをセンターに放ちJacobyが得点、4-1。
     Youkは倒れたものの、大きな大きな追加点を得た。

9回裏、燃えるPapが登場。まずNapoliを空振り三振に取る。Mathewsにライト前に運ばれると代走のMoralesが例によって無送球盗塁。
     しかしAybar、Figginsと2者連続の空振り三振を奪取、結局3つのアウトすべてが空振り三振でゲームセット。BOS 4-1 LAA

展開としては理想的だったと言えよう。特にプレイオフ初めてのBayやLowrieは緊張したと思うが結果が出たことで自信になったのではないだろうか。
9回の攻撃はJacobyの脚にDustin、Papiの勝負強さが絡むというSoxのいい攻撃が出せたことも大きい。

これでBOSはポストシーズンで対LAA10連勝。2004年、2007年と優勝した年はどちらもスイープして勝ち抜けている。やはり相性というのはあるのかも知れないが、やはりこの戦力を見ると若干の不利は否定出来ない。今日の試合も積極的に脚を使ったGuerreroとJacobyの差はわずかだった。その結果の差が大きく展開に影響していたが、どちらに転んでもおかしくはない。むしろチーム平均のいやらしさというか完成度はLAAの方に分がある気がしてならない。

しかし投手が良ければある意味何とでもなるのが野球。
今日のLesterは第1戦を任されるにふさわしい、まさにエースの貫録を出していた。
勝負の第二戦は日本時間の土曜日、松坂 対 Santana。
期待と不安が高まるばかりだ。 Go Sox!

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/10/02(木) 08:50:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Rolling Rally for the 2008NBA Champions,Boston Celtics 続き

随分時間が経ってしまいましたが写真の追加。

rayallen_banner

プレイオフの間、ガーデン周辺にはこんな形でバナーが掲げられていた。
結局この後直ぐに7月4日の花火に切り替えられるまで、最後まで残すことが出来たのだ。

Lucky

さてこのバナーに注目して貰いたい。本物とちょっとデザインが違う。
実はこのカメラマン君の私物で、中央で折りたためるようになっている。
写真を撮って、後でネット上で買ってねというサービスらしい。良く考えるなあと感心。
ちなみに本物に限りなく近いデザインのハリボテはオーナー自身がこの後持って来る。

Policebyke

完全装備のポリスバイク。後ろでなにやら相談しているがフェンスを越えようものなら速攻で逮捕確実。

youngfans

何だか知らないが目茶目茶盛り上がってる若者達。
撮れ撮れと言うのでカメラを向けたらこんなの準備してた。

police

ようやく警察のバイク集団が来た。もうすぐパレードが坂を上がって来る。

Lucky1s

マスコットキャラのLucky君が先頭を切って登場。嬉しそう。
昨年度より1ヶ月近く長くパフォーマンスが出来て良かったね。

Dancers1

Dancersその1
Dancers2

Dancersその2
Dancers3s

Dancersその3
Dancers4s

Dancersその4。結成数年で優勝出来るなんてラッキー。Laker Girlsの競争率に比べればかなり効率的にアピール出来たのではないだろうか。

pierce2s

重い物を背負った背中。

rondos.jpg

ロンド選手の横顔。手足も長いが睫毛も半端じゃない長さ。

oldjohonhancock

旧ジョンハンコックタワー、ウェザービーコンの上に翻るチャンピオンズ・バナー。

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/07/07(月) 03:06:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5/25 Redsox,A'sにスイープされる。

5/23 OAK 8-3
Wake,3回までに7失点と大炎上
http://sports.espn.go.com/mlb/boxscore?gameId=280523111

5/24 OAK 3-0 BOS
僅か1安打のみノーノー防ぐのが精一杯
http://sports.espn.go.com/mlb/boxscore?gameId=280524111

5/25 OAK 6-3 BOS
10三振、あまりにも淡白な攻めで3連敗
http://sports.espn.go.com/mlb/boxscore?gameId=280525111

あのFenwayでの強いRedsoxはどこに行ったのだろうか。
淡々と3連敗を喫してTBに首位を明け渡した。

これではまるでこないだまでのCelticsではないか。

審判の判定がはっきりホーム優位とされるNBAとは違いMLBではここまで差が出るチームは珍しい。
おそらく投手陣が昨年に比べ不安定な為、打てるか打てないかが大きく勝敗を左右していて、
Fenway Parkの特異な構造に最適化している(そうも思えないが・・)Redsoxはホームでは打ち勝ち、アウェイでは普通に打ち負ける、ということだろうか。

それにしても淡白な攻撃パターンだ。
この10連戦ロード、いきなり3連敗。早くも行方に暗雲が見え初めてしまった。
  1. 2008/05/25(日) 20:17:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5/9 サヨナラ負け・・・

Lesterの先発で始まったこの試合、初回2点を取られるがTekのヒットなどですぐ同点に追いつく。
しかし3回Lugoのエラー(MLB単独トップの11個目)で2-4とリードされ劣勢に立つSox。

しかし5回表、先発Bonserを捕まえLowellの2ランダブルで同点とすると、Twinsの2番手Rinconが乱調、Youkの二塁打と暴投で6-5と逆転に成功する。しかしその後追加点を奪えず9回へ。

Soxは8回から岡島を投入、今日は完璧な内容で3人で終える。
久しぶりに走者がいない場面の登板、やはり落ち着いて投げられるようだ。

9回、Papelbonがマウンドへ。
Youngにいきなりヒットを打たれる。するとTolbertがバントで一死二塁。
Everettは一塁ファウルフライに終わる。
だが対Gomezの場面で走者にノーマークのPapはYoungに三盗を許してしまう。

これが結果的に致命傷になった。

Gomezが四球を選び、まったくノーケアのPapに対して即盗塁して二塁に到達。
LambのヒットでYoungだけでなくGomezも一気に本塁に帰還、6-7で逆転サヨナラ負け。

調子の良い時のPapelbonなら走者がいても関係ないが、当てに来られて当てられる程度の
日も当然ある。この当たりは去年から改善されていない部分だ。クローザーは失敗が許されないポジションなだけに分かっている欠点はケアして置きたいところ。
  1. 2008/05/10(土) 11:29:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。